飛蚊症にはルテインサプリメントがおすすめ!

飛蚊症にはルテイン?

飛蚊症は視界の中に蚊やゴミのようなものが飛んでいるように見える病気で、目をこすったり目薬をしても解消されません。


目の水晶体の中にたんぱく質や赤血球などが浮遊している状態です。
ルテインと飛蚊症の関係
生まれつきなってしまう人や加齢によって生じてしまう人が多いと言われていますが、発見や治療は難しいと言われていて「慣れるしかない」と言われることもあります。


しかし、眼科医の中にはルテインの摂取を進めてくることがあります。

これはルテインの強い抗酸化力によって活性酸素が目に与えるダメージを軽減してくれる効果がわかっているからです。


近頃は年齢を重ねた人でも仕事などで長時間パソコンを見る機会が多い人が増えています。

ずっとパソコンを見ていると目の周りが疲れてきて眼精疲労を引き起こしてしまい、活性酸素が発生してしまいます。その活性酸素を除去する効果が高いルテインを摂取することで飛蚊症が解消されたという声も多く聞かれます。

ルテインは1日6㎎の摂取が必要だと言われていますが毎日ほうれん草を60g食べるのに匹敵する量です。


毎日摂取するのが難しいという場合には、ルテインのサプリメントなどを利用して、効率よく摂取することで飛蚊症の悪化や改善効果が期待できるのです。




ルテイン配合のサプリメント:目の疲れにも

めなり

ブルーベリー&ルテインサプリ「めなり」
めなりは桜の森が販売している目の健康をサポートするサプリで、ルテインだけでなく目に良いといわれるアントシアニンがブルベリーの5倍も含まれているビルベリーが入っています。

しかもブルーベリーの量は業界でもトップクラスの170㎎も含まれています。
現代人はパソコンやスマホなどで目を酷使することが増えていますが、目の健康を守るためにもめなりのようなサプリは重要です。





大正ブルーベリー

大正ブルーベリーは「3つのこだわり」たっぷりルテイン6mg配合!
成分劣化を防ぐアルミ分包!「溶けやすさ」「吸水性」を考えたソフトカプセルです。






ルックルックベリー

ビルベリーとアサイーのWベリー配合。ルックルックベリーが「見る力」の健康をしっかりサポート





視界に黒い点が・・・

何気なく景色を見ている時に、視界に蚊が横切ったように見えることがあります。

視界の黒い点:飛蚊症 これは、目の飛蚊症と呼ばれる症状です。飛蚊症は、年代で言えば中高年層に多いとされる症状であり、老化がその要因のひとつとなっています。

深刻な目の病気というわけではありませんので、特に気にする必要はありませんが、飛蚊症は目が開いている時は常に蚊が飛んでいるように見えることがありますから、煩わしい症状だとも言えます。

このような、視界にあらわれる飛蚊症を少しでも改善しようとするならば、日常生活で目を使いすぎないように気をつけることが大切です。

視界をクリアにするためには、目に良いとされる食べ物を食べることも対策になります。具体的には、ブルーベリーなどが目に良いとされていますので、そのような食べ物を食生活の中にとりいれることも、飛蚊症を軽減する手段となり得ます。

特に、毎日パソコンなどを使用する方は、目の疲労に注意することで、飛蚊症を改善できる場合があります。視界をクリアにし、飛蚊症をやわらげるためには、時々目を休ませることがポイントです。

そうすれば、目が疲れやすくなるなどの症状と共に、視界もくっきりと見えやすくなってきます。





飛蚊症とは

飛蚊症とは視界に黒い点や虫のようなものが飛んでいるように見える症状です。

黒い影や薄い雲のようなものが見えることもあります。

目を動かした時、黒い影は同じ方向に動き、そして揺れ動きます。
飛蚊症とルテインの関係 このため、視界に薄い雲があるように見えるのです。

黒い影の形については紐状やリング状など色々です。

普段は気付かなくても、白い壁や空を見た時に気付くことも多いでしょう。

このような飛蚊症は老化による生理変化であることが多いです。

眼球の中には硝子体という透明なゼリー状のものが詰まっています。

硝子体はほとんど水分で残りが線維です。

若いうち、水分は透明で濁りがありませんが、老化にによって濁ることがあります。

進行すると、硝子体が眼球の内壁から離れて、その中の線維が眼球の中に浮いている状態になります。

浮いている線維が生理変化による飛蚊症の原因です。

その場合は心配ないです。

ですが、網膜剥離や網膜裂孔、硝子体出血やぶどう膜炎などの疾患にともなう飛蚊症の場合もあります。

網膜が剥がれてしまう症状が網膜剥離です。

網膜に穴が開いてしまう症状が網膜裂孔です。

硝子体出血に関しては高血圧や糖尿病、また外傷で硝子体の中で出血することがあるのですが、それは硝子体出血です。

ぶどう膜炎についてはかすみがかかったように見えたり、まぶしく感じたりします。

目が充血することもあります。

これらの症状は放って置いてはいけません。

ちゃんと治療しないと失明します。



POINT1
めなり:ビルベリー・ルテイン・ゼアキサンチン

ルテインビルベリーは目に良いとされるアントシアニンを約5倍多く含んでいますが、欠点として吸収されにくいことがありました。
めなりに配合されているビルベリーは特許製法により通常のビルベリーと比べて、約2倍の吸収率があります。

一般的にアントシアニンは酸化をしやすく身体に取りこむ前に多くの効果を無くす可能性がありましたが、特許を取得しているビルベリーエキスだと安定した効果を持っています。

他にも有効成分としてルテインやゼアキサンチンなども含んでいます。
この成分はあまり聞いたことがありませんが、人の体の中では水晶体などに存在する色素で紫外線のダメージやデジタル機器から出ているブルーライトの影響を軽くしてもやもややかすみから保護します。

更に有効成分の吸収率を高めるクロセチンや補酵素ビタミンにミネラルなども含まれています。




めなりのクチコミ

毎日パソコン使うことが多くて、夕方になると目の疲れがひどくて困っていました。
何度かブルーベリーサプリを使ったことがあるのですが、効果をあまり感じられなかったのです。
そんな時通販でめなりを知り詳細をみていくと、ルテインやブルーベリーに含まれるアントシアニンの量をかなり多く含むと口コミで書かれていました。
めなりを使った人たちの口コミは、朝起きた時から視界がクリアで気持ちが良いなど書かれていましたが、本当に同じ効果を得られたので嬉しかったです。

年齢を重ね、次第に目の疲れに悩まされるようになりました。近視でコンタクトを使用していますが、そのせいもあってか夕方になると目がしょぼしょぼしてしまいます。多くのメーカーから目のサプリメントは発売されているので、今は初回限定のお試しコースというお得なプランで、気になるサプリをいろいろと試している段階です。めなりは口コミでも評判が良かったので、期待して飲み始めています。仕事ではパソコンを使い、スマホをやめることはできないので、サプリメントにも頼っていくつもりです。



大正ブルーベリーの口コミ

パソコンやスマートフォンを利用するようになってから、目の疲れがひどくなりました。
しかし、仕事でもパソコンなどは使用するので時間を減らすことには限度があります。
大正ブルーベリーの口コミを見ていると、自分と同じような人の体験がありとても興味がわきました。
ルテインも配合で、自分も利用することにしました。
実際に利用すると、目の疲れが緩和され以前と比べると夕方になっても肩こりなどは感じなくなりました。
利用して良かったと感じています。



ルックルックベリーの口コミ

仕事でパソコンを長時間使っているために、眼精疲労で頭が痛くなったりしていました。
老眼のケアとクリアな視界のケアのために口コミで人気のあったルックルックベリーを使い始めました。
ルックルックベリーの口コミ 持ち運びにも便利なサプリメントタイプになっているルックルックベリーを継続する事で、だんだんとかすみ目なども緩和していき、目の疲れを緩和する事ができました。
目に良い成分ばかり配合で、アイケアとして口コミ通りの効果を実感する事が出来ました。


現在、各メーカーの目のサプリメントを試している最中です。昔から視力が悪くコンタクトを使用していますが、そのせいもあってか目の疲れに悩まされるようになりました。パソコンやスマホを使用する時間も長く、夕方になると目のしょぼしょぼも気になっています。
サプリメントは長く続けたいと思っているので、お試し価格のお得なものをいろいろ取り寄せています。ルックルックベリーはリピート率が85%ということを知り、気になり始めました。口コミを確認しても、高評価の意見が目立っています。


ルックルックベリーは表面のコーティングが甘いのですごく飲みやすいサプリメントでした。
パソコンで作業することが多くて、目の疲れやかすみなどが気になっていたのですが、飲みだしてからかなり改善されました。
画面に出てくる文字がくっきりと見えるようになりました。
視界も明るくなり、その効果に満足しています。
口コミでコストパフォーマンスに優れた商品だと書かれていたのですが、その通りでお値段の割に高品質でおすすめです。




飛蚊症を改善・治し方

目の前を虫が飛んでいるように見える飛蚊症は生理的なものと網膜剥離といった眼の病気の2種類があります

生理的な問題については眼球内部にある硝子体の老化現象がほとんどでよほどのことがない限りは治療する必要はありません
。眼科で診察を受けても治療は必要ないと判断されるので、どうしても気になる場合は硝子体が老化するのを防ぐために抗酸化作用のあるサプリメントなどを摂って、眼に負担のかからない生活を送ると、ある程度は改善できる可能性があります。飛蚊症の治し方 ルテイン網膜が乖離することで起こる眼の病気による飛蚊症は、生理的なものと似た様な症状ですが、酷いときには視界を妨げて物を見るのが困難になる場合もあるので手術などによる治療が必要になります。


自然治癒はほとんど不可能となるので、視界に映る濁りとなる部分を切除する、またはレーザーによって硝子体に存在するシワや濁りの原因を分散させることで視界を確保することができます。レーザーによる治療は完全に症状を取り除くものではなく、ちらつく影を薄めてぼかすようなものなので、完全な治療とは言えません。とはいえ、ある程度は視界を確保することはできるため、大がかりな切除をせずに治療したい場合に有効な方法となっています。





飛蚊症の治療方法

飛蚊症はあらゆる人が持っている病気です。

重大な疾患による影響で発症することもありますが、大部分の人は加齢などによって発症する生理的飛蚊症であることがほとんどでしょうでは飛蚊症の治療はどのように行われるのでしょうか。まず、加齢などが原因で起こる生理的なものの場合、治療の必要はありません。飛蚊症治療とルテイン

飛蚊症の原因は硝子体の濁りであるとされています

ですから後述するように硝子体の手術を行うことは可能なのですが、わざわざそこまで負担を強いる必要はないというのが一般的な医師の見解です。一方、糖尿病や網膜裂孔、網膜剥離などによって引き起こされる飛蚊症は、早急に対応をする必要があります。

糖尿病の場合はまず、糖尿病自体を治療することが必要ですが、日本人が失明する理由でも上位に入るのが糖尿病による失明です。糖尿病の場合、硝子体が出血してしまうので、これを取り除かなければなりません。また、網膜裂孔等の場合も同じ硝子体手術を行う必要があります。このように生理的飛蚊症であれば手術の必要はありませんが、なにか重大な疾患が関わっている場合は手術もやむを得ないということができます。

さらに最近ではレーザーによって生理的飛蚊症の症状を軽減させることができるようになってきていますが、日本ではまだそこまで手術をしている人は多くなく、情報は未だ少ない状態です。





飛蚊症の悩み

飛蚊症の原因は目の中にたんぱく質や赤血球、硝子体の中の組織が網膜に移り、ゴミや虫のように見えてしまいます。昔は原因は加齢によるものだと言われていました。
飛蚊症の悩み
しかし近頃ではスマホやパソコンを長時間利用する若い世代にも飛蚊症の患者が増えてきていることから、目の疲労によって活性酸素が発生し、それが原因となって目の老化が進んだことも飛蚊症が増えている原因になっているのではないかと考えられています。

また、飛蚊症の原因となるものが硝子体の中を浮遊しているといっても、健康な時には酵素がその浮遊物を分解除去してくれるのですが、外食やコンビニ食が増えている現代の人は十分に必要な酵素を食事から摂取することができていないとも言われており、それも若い人の飛蚊症を増やしている原因になっていると言われています。

飛蚊症の原因とルテイン
飛蚊症は治療法が確立されておらず、診断されたとしても「慣れてください」と言われてしまうケースがほとんどです。
症状の発生と進行を防ぐためには活性酸素の発生をなるべく防いだり、発生した活性酸素を除去するために効果的な成分を摂取することが重要だと言われています。

日常生活の改善によって飛蚊症の原因の発生を防ぐようにしましょう


▲ページトップに戻る